カテゴリ

カテゴリ:家庭菜園

パプリカの花

カテゴリ:
今年の畑は例年になく、不作です。
わたしの情熱の度合いも関係しているのでしょうが、まったくダメです!

そんななか、枯れたと思っていたパプリカが花をつけました。

DSC01832_347

パプリカの実の断面のような花の形です。
収穫まで漕ぎ着けることができるといいですね。

ふと、田んぼの稲を見たら、実が着き始めています。

DSC01834_347

まだ、十分に実が入っていない様子ですが、あと少しで、頭を垂れてくるでしょうね。

やっと植えました!

カテゴリ:

今年の畑ですが、ずいぶん前に耕していたのですが、なかなか植えられませんでした。

ちょうど、打合せが少し伸びたので、トマトと花の苗を買ってきて、植え付けをしました。

DSC06032_347
毎年植えているトマトです。品種はアイコで小粒で鈴なりになります。

つづいては・・・・
DSC06029_347
ミリオンベル・・・今年は奮発して5株植えました。

つぎは・・・
DSC06030_347
アサガオです。苗木で植えるのは初めてですが、昨年、失敗した緑のカーテンのネットを再利用して、つるの成長に備えました。

最後は・・・・
DSC06031_347
今年初めて植えた アズローコンパクト です。
ミリオンベルト似た花ですが、小さな花がたくさん咲きそうです。

以上、今年の植物です。

トマト初収穫!

カテゴリ:

トマト収穫

 

 

 

 

 

 

 

昨日の日曜日にトマトの初収穫をしました。

まだ数が少ないですが、家族みんなでおいしくいただきました。

今年は少なめに植えたので、どのくらいづつ食卓にのるのか不安ですが、毎朝楽しみですね。

ゴーヤとトマト

カテゴリ:

なかなか2階の事務所の窓まで届きません?

ぐんぐん伸びているのですが、もう少しピッチをあげてほしいものです。

緑のカーテン







 

 

 

続いて、トマト畑です。

こちらは、どんどん実をつけて、色づいてきました。

明日あたり、初収穫かもしれませんね。

トマト

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、早朝から植木や鉢植えの消毒をしました。

なかなか見よう見まねです。 こんなことなら、父がいるうちにいろいろ覚えておけばよかった。。。後悔先に立たず・・・ですね。

イチゴと月見草

カテゴリ:

プランターに植えたイチゴが3年たって実をつけました。

毎年、食べられないくらい小さい実しかならなかったのですが、今年になって、けっこうたくさん実をつけました。

ピンボケですが、ご覧ください。
いちご











 

イチゴの脇では、月見草が満開になりました。
月見草












トマト日記

カテゴリ:

一月前に植えたトマトの様子・・・・

植えてからわりと早く花が咲いて、実をつけ始めました。写真は最初の実の様子です。

トマト

 

 

 

 

 

 

 


今は五段目の花が咲いていますので、もうそろそろ赤くなるのではないでしょうか?

トマト植え付け

カテゴリ:

連休中にトマトの苗を買いに行ったら、欲しかったアイコという品種がなくて、日曜日にまた買い行ったら、見つけました。

さっそく、植え付けました。

トマト畑













しっかりとビニールで屋根をつけました。

トマト苗

 

 

 

 

 

 

 

今年は、アイコ3本だけ!?

でも、挿し木でこの倍以上の本数になります!

去年失敗した『緑のカーテン』を、今年はゴーヤ君でがんばってもらうことにしました。

6株買おうとしたら・・・・近所のおばさんから、そんなに植えてどうすんの!?と言われて。。。。

2株だけ買って、プランターに植えました。

緑のカーテンのことを話したら・・・・それっておいしいの????と

だめだ、こりゃ・・・・・

つるをはわせるネットも準備していますので、今年は成功させたいと思います。

緑カーテン、エントリー選手!ゴーヤ君です。

ゴーヤ

 

 

 

 

 

 

 

 

こっそり脇に、アサガオの種も植えました。こちらは補欠選手です。

朝どりナス

カテゴリ:
e6002dba.jpg 今年から植えたナスを、初収穫しました。

育て方もよくわからずに、植えたのですが、きれいな紫色の花を咲かせて、実をつけてくれました。

さっそく、ナス炒めにしていただきました。

トマト初収穫

カテゴリ:

トマト 春に植えたトマトの初収穫です。 まだ少ないですが、朝の食卓を彩ってくれました。

 今日のトマトは、アイコという品種で、小粒でけっこうたくさん、鈴なりに実をつけてくれます。

  別の品種の桃太郎は、もう少し後になります。

このページのトップヘ

見出し画像
×