基礎型枠と設備配管

カテゴリ:
水道屋さんと現場で打ち合わせをしました。
給水栓の立ち上がりの位置や配管経路の確認です。

現場では、基礎屋さんがベースの型枠を取り付けていました。

DSC09271_347

DSC09274_347
 
あとから電気屋さんも来て、配線経路を確認しました。 

木材検査と工程会議

カテゴリ:
2回目の木材検査。
含水率?ちょび高い!? 目標値の25%まで様子見することに。

DSC09256_347
材質はなかなかのもんです。 さすが!金山杉。
ちなみに写真の材料は、隠れてしまう構造材です。

DSC09258_347
続いて、第1回工程会議。
大工さん、水道屋さん、基礎屋さん、電気屋さん、それに建て主さん。

DSC09263_347

上棟までの工程を相談しました。
建て主さんには、専門用語も飛び交いますが、建物が出来上がる段階を見てほしいと思い、工程会議にも可能な限り参加してもらいます。

いよいよ、基礎工事も本格的に始まり、7月末の上棟に向けて進んでいきます。 
 

設備配管

カテゴリ:
敷地の関係で、基礎工事に先立ち設備配管を先行させました。
配管がほぼ出来上がったので、確認してきました。 

DSC09233_347

DSC09234_347

DSC09235_347
 水道管も建物を迂回してもらいました。

明日からは、基礎工事が始まります。 

還暦を祝う会

カテゴリ:
60歳の同級会です。
ほとんど、顔を合わせても誰だかわかりませんでした。

それでも、少し話していると・・・・タイムスリップして15歳に戻っていました。
DSC09201_347
2日目は町並み散策。
案内人の説明を聞きながら、散策・・・60歳のみなさんにはやや堪えたようでした。
DSC09212_347

最後は、谷口がっこそばで昼食。おまけに蕎麦ソフトクリームもご馳走になりました。
DSC09218_347

同級生のみんな!また会おうな!

 

木材検査〜地鎮祭

カテゴリ:
昨年から設計を進めていたKK邸の工事が始まります。
やく1年の打ち合わせで、完成させた計画が、大工さんの手にゆだねられました。

冒頭は、木材の検査からです。
DSC09163_347

断面寸法や含水率を確認、大工さんの作業場へ運び込みます。
DSC09164_347

つづいて、地鎮祭。
DSC09168_347

工事の安全を祈願しています。
DSC09171_347

敷地の四方をお酒や塩で清めています。
DSC09174_347

ちょうど11時ごろの南側隣家の影です。
なんとか、日差しは確保できそうですね。
DSC09176_347

北側の軒先の位置を確認しました。 落雪のことも考えて、100mm南に移動。
DSC09187_347

ここに建っていきます。
DSC09180_347
 

工程会議

カテゴリ:
建て方から少し経過しました、今日は工程会議にやってきました。

2014-05-28-12-25-32

現場に着くなり、さっそく打ち合わせ開始。
茶室のタタミの相談です。

2014-05-28-13-47-50

建て主さんも入り、工程の相談。
予定よりも少し遅れていますが、挽回した行くように、打ち合わせしました。

2014-05-28-14-27-44

その後、諦めてもらった?テラスの屋根。
建て主さん、諦めきれずに…とうとう付けることに。
軒先高さの確認をしてもらいました。

以上で、本日終了。帰ります。

春うらら

カテゴリ:
あまりのいい天気に誘われて、行ってみたかった登米へ。
まずは、木造学校の教育資料館。
2014-04-13-13-41-34

この学校を設計した山添氏は、厳格な工事監理で、瓦屋が何軒もつぶれたとか、この建物への、氏の思いを感じてきました。

次は、春蘭亭。
2014-04-13-14-16-10

茅葺き屋根の武家屋敷です。
中で、抹茶やコーヒーを飲むことができます。

続いて、玄昌石の館。
2014-04-13-14-38-58

木造平屋の建物で、内部はきれいな骨組みを見ることができます。
2014-04-13-14-38-23


最後は、森舞台です。
隈研吾氏の設計された、能舞台です。
2014-04-13-15-10-31


2014-04-13-15-15-51


2014-04-13-15-30-27


絶妙のロケーションで、竹林と山の木々が背景になっています。
ちょうど、枝垂れ桜も咲いてくれて、ゆっくりと過ごしてきました。

おまけに、石ノ森漫画館。
震災を乗り越えて、リニューアル一周年でした。
2014-04-13-16-59-16

三渓園

カテゴリ:
先週末に打ち合わせに行ったついでに、横浜の三渓園に行ってきました。

美術愛好家の原三渓により、おおくの名建築が移築され、それに見合う庭園も作られています。
江戸東京博物館のたてもの園と違って、原三渓個人で収集し作り上げた園だそうです。
なんどかテレビでみて、一度は訪れたいと思っていた場所です。

園内をゆっくりと歩くと半日(3時間くらい)掛かります。
DSC08577_347

順路に従って進むと、最初に見えるのが鶴翔閣。
この施設は、貸し出しを行っており、訪れた時はお茶会が開かれていました。
DSC08579_347

玄関の天井は、なんとなくモダン。
DSC08582_347

内苑入口の門。
柱が根継ぎされています。
DSC08584_347

臨春閣の縁側。
DSC08593_347


DSC08594_347

縁側の敷居溝には硬木を埋め込んでいました。
参考にさせてもらいます。
DSC08595_347


DSC08605_347

雨戸の引き回しの仕掛け。
DSC08607_347

こちらは数あるひとつの茶室。金毛窟だったと思う。
DSC08616_347

こちらは、聴秋閣。
2階に昇りたかったけど、立ち入り禁止。
DSC08624_347

玄関の床は、寄木です。
DSC08621_347

床の間の蓮の葉っぱ?が効いています。
DSC08622_347

園内のどこからも見える三重塔。
DSC08631_347

大池に移る三重塔。
今度は、新緑や紅葉の時期に来てみたいと思います。
DSC08646_347

 

2014 あけましておめでとう!

nenga2014


仕事の始めの方々もたくさんいると思います。
旧年中にお世話になった方々に、感謝もうしあげます。
今年も、地道な努力を積み上げていきたいと思っていますので、変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。

わたしのほうは、昨年末のバタバタの整理とやり残した急ぎの仕事を前に・・・どれからするかと腕を組んでばかりです。
まずは、年頭のあいさつとさせてください。

阿部利広/阿部建築研究室 

Vectorworks 導入しました。

カテゴリ:
先月のMacBookProに続いて、Vectorworks を導入しました。
DSC08359_347

この企てを察知したかのように? WinXP機が昇天!?
 DSC08344_347
すぐにレスキュウ隊に復旧してもらいましたが、Microsoftの陰謀かと思うようなタイミング。

完全切り替えは、今の物件の一段落を待ちますが、老眼に鞭打ってなんとかマスターせねば。
Vectorworks は、mac でも win でも動作しますので、とりあえず両方にインストールしました。
少しだけ動かしましたが、スナップモードのお勉強を一通りしてみましたが、かなり便利なモードがたくさんありました。

このへんのレポートは別の機会にゆずり、このへんで失礼します。

このページのトップヘ

見出し画像
×